index033018.jpg
index033017.jpg
index033016.jpg
ケースカバーなどの加工.補強
傷ついたり割れたりしたカバーを補強し修理します
まずは下地づくり、塗装やアルマイトを剥離して
加工に最適な下地を作ります
丁寧に部材の形を合わせて、
見た目にも美しい修理でないと意味がありません
ここまでの補強で新品ベースだと\10.000程度
中古ベースで\15.000前後です
さらに、前面に補強を施しました。
ここまでで新品ベースで\20.000程度、中古品は+\5.000前後です
割れや傷はかなり酷い物でも治せますが、多少価格は上乗せとなります。
index033015.jpg
index033014.jpg
index033013.jpg
index033012.jpg
index033011.jpg
index033010.jpg
index033009.jpg
index033008.jpg
index033007.jpg
index033006.jpg
index033005.jpg
修理から補強の流れ
転倒などにより
ダメージを受けたカバー
裏側もクラックが入っています
立ちゴケ程度でも薄い鋳造品ですから
クラックは入ってしまいますよね
オイルが噴き出したら命に関わります
まずは、塗装剥離や
アルマイト剥離です
油脂分を抜くために
シンナーなどにドブ漬けします。
これがかなり重要です
ベルトサンダーやグラインダー
場合によってはフライスなどで
下地を作ります
まずは、クラックや割れの修理
割れなどはかなり酷い物でも
充分修理が出来ます。
裏側も丹念に修理します
表の割れとかクラックは
全て無くなりました
裏側もこの通りすっかり直ります
補強をするために部材を
しっかりと形どって製作します
できあがりです
料金は別途ですが ブラスト仕上げしたり
鏡面仕上げだったり 塗装仕上げも可能です
(画像はブラスト仕上げ)
標準は少し磨くくらいでコーティングや加工は無しです
index033004.jpg
index033003.jpg
【カバー加工.修理価格(ALL-MODEL)】
ケースカバー加工(新品ベース)     1カ所補強 \15.000+消費税
以降1カ所増えるごとに               \5.000+消費税
中古ベース 割れ.傷.修理       上記+1箇所 \5.000+消費税
index033002.gif
SWINGARM
COVER
ENGINE-FIN
FRAME
MATERIAL
dec-%20027.jpg
index033001.gif
SWINGARM
COVER
ENGINE-FIN
FRAME
MATERIAL