ウェスト切り替え部分を身ごろに挿入します。
ウエスト切り替え部分と身ごろを待ち針で留めていきます。
身ごろの布のほうが幅が広いので身ごろ側のほうが布がたるむはずです。
たるみ具合が均等になるように、
@Aますは脇の縫い代同士を留めます。
BC前身ごろの中心同士、後ろ身ごろの中心同士を留めます。
DEFGそれぞれの中間点を留めます。
生地が厚い場合はその厚みのせいで身ごろの布がそれほど余っているように見えませんが、張りが弱く、伸縮性の高い生地をお使いの場合はもう少したるんで見えると思います。
張りが弱くて裾がテロンテロンになってしまいそうな場合は、
ウエスト切り替え部分の生地の幅をもう少し狭めます。
その割合は、経験で身についてきますので
何度もやってコツをつかんでいってくださいね。
ミシンで本縫いをして、布端はジグザグミシンで処理します。
画像は裏側から見たところです。
次は袖口の切り替え部分の布を外表になるように
長さ方向に半分に折り返します。
縫い代は割ります。
これを袖の中に挿入します。
袖のほうが少し幅が広いので、若干のたるみが生じます。
縫い代同士を待ち針で留め合わせ、
その反対側を待ち針で留め合わせます。
このとき、袖側の生地のたるみは均等になるようにします。

このままで縫い合わせてもかまいませんが、
均等にたるませる、又はずれずに縫い合わせる自信のない方は
待ち針と待ち針の真ん中同士を待ち針で留め合わせます。
ミシンで縫い合わせ、布端はジグザグミシンで処理します。
縫い目のアップです。
表にひっくり返します。
こんな感じです。
ここでタートルネックを縫い合わせます。
身ごろの裏側が見えている状態で、
向かって右肩の縫い合わせ部分に、
タートルネックの縫い目を合わせて待ち針で
留めます。
ここを出発点にして、反対の方とタートルネックを
留め合わせます。
このとき、身ごろの首周りが余る状態になります。
たるみが均等になるように待ち針で留め合わせていきます。
待ち針を入れる順番を画像に記入しました。
この順番に入れて行くと、比較的きれいに
留められます。
きれいに留めたらミシンをかけて、
布端をジグザグミシンで処理します。
身ごろに袖を挿入します。
見づらいですが、袖の後ろ側、前側を間違えないように
気をつけてくださいね。
@脇の縫い目同士を待ち針で留め合わせます。
A次に袖山の合い印と方の縫い目を留め合わせます。
BC上下の待ち針の中間同士を留め合わせます。
DEFGさらにそれらの中間を留め合わせていきます。
袖山の距離のほうが、そでぐりと長さよりも長くなっております。
袖のほうが少しずつたるむような形になります。
たるみ方が均等になるように待ち針で留め合わせていってくださいね。
ミシンで縫い合わせます。
しわが寄らないように気をつけて縫い合わせてくださいね。
自然といせることが出来ない方は、少し生地を引張り気味にしながら縫い合わせていくと
比較的きれいに出来やすいです。
ですが、あまり引っ張りすぎると戻らなくなってしまうことがありますので、
注意して下さいね。
布端をジグザグミシンで処理します。
表に返したら、出来上がりです。
前のページへ
ブラウザで閉じてください。