まずは型紙を切り抜きます。
外側の線が切り取り線です。

型紙を切り抜いたら、型紙のとおりにパーツを裁断していきます。
前身ごろ、後ろ身ごろ、衿は各1枚、袖、袖口は左右各1枚
ウエスト切り替え部分は前後各1枚です。

前身ごろ、後ろ身ごろの脇に合い印がありますので、
ノッチ(切り込み又は出っ張り)をつけて裁断します。

前身ごろと後ろ身ごろを左画像のように中表に
重ね合わせます。
脇の合い印をぴったりと重なるようにして、待ち針で
留めつけます。
合い印部分のアップです。
私は縫い代に響かないように少し切れ込みを入れました。
肩と脇で前身ごろと後ろ身ごろを縫い合わせます。
前身ごろのほうが少したるみます。
布端をジグザグミシンで処理します。
左は肩の画像です。
こっちは脇の画像。
ミシン糸の色を変えて分かりやすくしたつもりでしたが、
ちょっと分かりにくいですね。
ウエスト切り替え部分を2枚、中表に縫い合わせます。
あとで身ごろに縫い合わせるときに縫い代を割りますので、布端は、ジグザグ処理しません。
袖を2枚、中表に筒状に縫い合わせます。
布端をジグザグ処理します。
衿を中表に筒状に縫い合わせます。
こちらも、身ごろと縫い合わせる際は縫い代を割りますので
布端はジグザグ処理しません。
袖口の切り替え部分を中表に筒状に縫い合わせます。
こちらも、袖と縫い合わせる際は縫い代を割りますので
布端はジグザグ処理しません。
先ほど筒状にしたウェスト切り替え部分を、外表になるように長さ方向に半分に折り返します。
縫い代は割ります。
次のページへ