2015年 慶明定期戦

■慶明定期戦結果
試合名:慶明定期戦
日時 :2015年11月15日(日)
会場 :本塾 日吉レンジ
天候 :雨・無風

【男子】        50m   30m   Total
藤本 真央 (経3) 306  339  645 ○
清水 憲彬 (経3) 286  329  615
笹沼 舜亮 (文2) 296  340  636 ○
三輪 祐輔 (法3) 273  270  543
窪田 晟也 (環1) 334  352  686 ○
長谷川 智大(理3) 291  340  631 ○
築山 慧之 (理3) 297  335  632 ○
大井 一輝 (法2) 329  350  679 ○

本塾 3,909点 ○ vs ● 明治大学 3,681点
よって、本塾の勝ち(通算成績48勝8敗)

<各距離・合計での最高得点者>
50m 窪田(本塾)  334点
30m 窪田(本塾)  352点
SH   窪田(本塾)  686点

【女子】      50m   30m   Total
井上 実香 (文3) 251  314  565
松村 薫  (理2)  268  314  582 ○
足立 莉絵 (法2) 295  330  625 ○
大野 真奈 (政3) 239  322  561
大石 悠起子(理2) 290  323  613 ○
池田 彩花 (看2) 258  311  569 ○
宮下 晶  (理3)  249  307  556

本塾 2,389点 ● vs ○ 明治大学 2,398点
よって、本塾の負け(通算成績11勝6敗)

<各距離・合計での最高得点者>
50m 足立(本塾)  295点
30m 足立(本塾)  330点
SH   足立(本塾)  625点

【王座決定戦 決勝ラウンド方式】
※本年度の70m団体戦は両校から男子、女子それぞれ3名を選抜し、
セットシステム、5ポイント先取で男女各1試合、計2試合を行いました。

<男子>
本塾メンバー:藤本(経3)・大井(法2)・窪田(環1)
本塾 6(53-54-54) ○ vs ● 明治大学 0(51-41-51)
よって、本塾の勝ち

<女子>
本塾メンバー:大石(理2)・松村(理2)・足立(法2)
本塾 5(48-46-36-43) ○ vs ● 明治大学 4(47-39-52-51)
※シュートオフ(s.o.26-s.o.20)
よって、本塾の勝ち

【OB戦】       50M  30M   Total
佐藤 達也 (S50) 284  332   616 ○
小西 励  (H22)  289  328   617 ○
渕澤 悠介 (H16) 298  325   623 ○
武井 揺子 (H27) 232  306   538
永井 真理恵(H27) 237  249   486
田中 亮輔 (H27) 259  293   552
安藤 孝  (H27)  255  287   542
力石 裕之 (H19) 288  318   606 ○
鈴木 崇啓 (H24) 171  269   440
谷 直樹  (H24)  272  307   579
高田 秀治 (H24) 273  322   595 ○
鄭 裕寅  (H27)  311  338   649 ○

本塾 3,706点 ● vs ○ 明治大学 3,566点
よって、本塾の勝ち

【戦評】
<男子>
今回の慶明戦では早稲田戦での敗北を受けて部員一丸となり
チャレンジャーの気持ちで挑みました。
SHの試合では50Mの1エンド目からリードを奪い4エンド目では
窪田が60点、大井と築山が57点を射ちチーム全体の盛り上がりを
作り、そのままの勢いでリードを広げ続けることができた試合でした。
OR戦では選手と応援が一体となり戦い、スタートから金的に射ち続け
相手を圧倒する試合となりました。最後の一本も窪田が10点に射ち込み、
最後まで相手を圧倒し続け、ストレートでの勝利を収めました。
この試合では勝ちという結果を得ることができましたが、秋季の目標
であった定期戦全勝を達成することはできませんでした。
これからの冬季、春季では部の目標である関東一部リーグ優勝、
王座獲得に向け部員一丸となって努力してまいります。
今後ともご声援のほど、よろしくお願いいたします。
(主将 平澤 雄基)

<女子>
今回の慶明戦は、2週間前の早慶戦で味わった悔しさをバネに
臨んだ試合でした。この2週間、女子チーム一丸となって慶明戦
勝利に向けて邁進してまいりましたが、50Mでのリードを逆転され
9点差で負けるという、大変悔しい結果を再び味わうこととなりました。
自分の射に自信が持てていないこと、僅差での試合における粘り強さ、
何が何でも勝つという強気の姿勢など、リーグ戦までに克服すべき
課題が山積している現状が見えました。OR戦では、足立、大石、松村と、
2年生が活躍した試合となりました。前半2セットを先取しましたが、
後半2セットを落とし、シュートオフまでもつれ込みました。
やはり、安定して点数を出せていないという課題がありますが、
シュートオフという更に緊張する場で勝利を決めることができました。
この試合で活躍した2年生メンバーだけでなく、3年生は幹事学年として
チームを引っ張っていけるよう励み、1年生は上級生を1日でも早く
追い越せるよう励み、選手層を厚くすることによって、リーグ戦で
確実に勝利を勝ち取ります。
今後もご指導、ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
(女子リーダー 井上 実香)

【試合・懇親会に来ていただいたOB・OGの方々】
監督・コーチ:
押野監督(S59)・小西HC(H22)・川西C(S45)・安田C(H20)
・小西C(H22)・鈴木C(H24)・橘C(H24)・長堀C(H25)
・松林C(H26)・渕澤C(H16)

OB・OG(敬称略):
佐藤(S50)・力石(H19)・高田(H24)・谷(H24)・山越(H24)
・河原(H25)・島田(H25)・岩崎(H26)・鄭(H27)・米野(H27)
・永井(H27)・安藤(H27)・田中(H27)・武井(H27)


INDEX